「待つ」ということについて

より多くの方にとって良い内容となるよう頑張っていきます!
応援してもらえると嬉しくなって記事クオリティが上がるかも!?
↓1日1回!応援クリックお願いします!↓

FX初心者ランキング

Pocket

 どうも!SAKUです!

今日はステップメールの読者様から質問をいただきましたので、そのことについて話しをしていきたいと思います!

今回いただいた質問はこんな感じです!↓

SAKUさん こんにちは!
ブログとステップメールで勉強させてもらってるMと申します!
早速ですが、勉強していて疑問に思ったことがあるので質問させていただきます。
よくエントリーの際などに「待つ」のが大切と色んな人が言っていますが、私にはこの「待つ」という感覚がいまいちピンときません。
どういう時には待った方がいいのか、いつまで待った方がいいのでしょうか?
悩める子羊のためにどうかお力を貸してください!

宜しくお願い致しますm(__)m

※お名前はイニシャルにさせていただいています。

まずはMさん、ご質問ありがとうございます!

質問するというのは、自分なりの疑問を持つということ、その疑問に対して自分の知識や経験の不足を自覚しているということ、そしてその上で疑問の解消を心掛けているという素晴らしいことです!

自己完結のインプットに留まらないアウトプットの点からみても素晴らしいですね!

具体的な場面がないことからこの方はまだ初心者の方かと思いますが、迷える子羊のために今日はこの「待つ」ということについて紐解いていきましょう!

どういう時は「待った」方がいいのか

まずはどういった場面では「待った」方がいいのか、いくつか実際のチャートを用いながらその場面を見ていきましょう!

バーコードみたいになってる時

値動きが荒く、ローソク足のヒゲが上下に伸びたり陰線陽線が入り乱れてバーコードみたいになってる時は待った方が無難です。

こういう時はボラティリティも高く適当にエントリーしてしまうと速攻狩られてその後エントリー方向に順行とかになりがちなので、わかりやすい値動きになるまで待った方が無難です。

こういった状況は相場としてもブル派とベア派が激しく入り乱れており、方向性が一貫していないと思われるため、下手に手を出すと危険です。

「待つ」というよりかは「様子見するといった方が適切かもしれませんね。

急下落、急上昇があった時

初心者にありがちなのが、上昇トレンド中に大陰線が出て急下落したのを見て「乗るしかない!このビッグウェーブに!」と思いショートしてしまい、いわゆる「いってこい」みたいになってすぐに急上昇で戻してくるような場面です。

これは上昇がしばらく一方的に続いた後や揉み合いの後期に起こりがちなことですが、それまで上昇が継続的に続いているということは買っている人達が多く、その買っている人達は上昇が続くにつれ利益が出ているということです。

ということは、ロングポジションを握っている人達は利益が充分乗ったと考えたら一斉にポジションを利食いし始めます。

値が下がりだしたのを見てさらに多くの人達がなるべく高い値のうちに利益を確保しようと利食いが利食いを呼びます。

それによって急下落が起きるわけですが、長期的には上昇トレンド中なので値がいいところまで下がると今度は安い値で買おうと考えるブル派の人達が出始めます。

もちろん急下落の際にはそれを見越した短期目線のショートを新規で打ち速攻利食いする人もいるでしょうが、玄人じゃないとこういうスキャルピングは難しいのでオススメはしません。

天井圏、底値圏

上昇中から天井になりそうな時や、下降中から底を付きそうな時にトレンド転換狙いのエントリーを狙ってる時も待った方がいい場合が多いです。

トレンド転換というのは想像以上に時間がかかります。

上昇トレンドの場合、それまで上昇がずっと続いているので普通に考えたらロング目線のブル派が多いはずです。

そういうブル派は下がったら買い、下がったら買いを繰り返すので相場は波を打っていきますが、ある一定水準になると上値が重たくなってダブルトップとかトリプルトップになったりします。

つまり、それまで買い一辺倒だった相場に、新たにショートを打とうとする積極的なベア派や利食いをしようとするブル派が出現し始めます。

そして徐々に買う人が少なくなっていき、売る人が優勢になっていくとそれまでの上昇トレンドが終了し、売る側が相場を支配するとトレンドが下降転換していくわけです。

ここで注意が必要なのが、ダブルトップやヘッド&ショルダースのネックラインを下割れてショートしたのはいいものの、その後にまた天井を試して下落することもよくあるということです。

トレンドが終了したり一服するような場面ではこのクライマックスの動きも気を付けた方がいいです。

もちろんネックライン割れで打ってもいいのですが、クライマックスがある可能性も考慮して損切り幅や枚数を調整しておくことも考えましょう。

大事なことなのでもう一度言いますが、トレンド転換は想像以上に時間がかかります。

自分なりの基準に照らして転換したと思えるまではトレンドと逆方向には手を出さないのがいいでしょう。

じゃあいつ入るの?今じゃないでしょ!

じゃあいつエントリーすればいいんだよ!と思った方もいるかもしれませんが、自分なりにこれはエントリー出来る、もしくはここでエントリーして負けても納得出来るというような場面になるまでは「待った」方がいいです。

具体的には先程のバーコードみたいになってる場面で言うと、バーコード状態を一種のレンジと考えてそれまでのトレンドを考慮した上で

・レンジの上限or下限で入るか、
・レンジを抜けるあるいはその後のリターンムーブで入る

のがいいです。

レンジの中間地点とかで適当に入るのは避けた方がいいです。

この場合はそれまでが下降トレンドで売り目線にエッジがあるので、そもそもとしてレンジ下限で買うのは危険ですが、買ったとしてもいきなり上昇転換を狙うのではなくレンジ上限くらいまでを目安に見ておいたほうがいいでしょう。

あるいは、しっかりとそのレンジを抜けるかその後の戻しまで「待つ」のがいいです。

また、トレンドラインやチャネルを用いて押し目買いや戻り売りを狙う際にも、上昇トレンドラインに向けての下落中や下降トレンドラインに向けての上昇中に入るのではなく、ラインで反発したのを確認するまでは「待った」方がいいです。

いずれにしても、レンジやチャネルの真ん中みたいな中途半端なところじゃなく、しっかり引き付けて打てるようになるまで「待つ」ことが大切です。

その方が損切りも浅く出来ますしね

ちなみに、僕の場合はエントリー出来そうな場面では反応を見たりより詳細なタイミングを計るためにプライスアクションを活用します。

プライスアクションを使ったエントリーについてはこちらの記事をご参照ください!↓

と、今回はステップメールの読者様の質問を基に「待つ」ということについて話してきましたが、

ようするに一言で言うと、

よくわからない時はわかるようになるまで「待て」ということです。

それまでは、私待~つ~わ。いつまでも待~つ~わ。です。

少ロットで試し打ちしてみるのも良い手ですが、いきなりフルロットで全力でソイヤッ!するのは避けた方がいいです。

そして「待つ」ことで大切なのは攻めだけでなく、資金管理ポジション管理といった守りの方にもちゃんと目を向けるということですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です