相場のフラクタル性ってなに? ~MTF分析(マルチタイムフレーム分析)とは? その①~

より多くの方にとって良い内容となるよう頑張っていきます!
応援してもらえると嬉しくなって記事クオリティが上がるかも!?
↓1日1回!応援クリックお願いします!↓

FX初心者ランキング

Pocket

 どーも!SAKUです!

今回からMTF分析(マルチタイムフレーム分析)について数回に分けて記事を書いていこうと思います!

一発目となる今回は、MTF分析を学ぶ上で重要な概念となる「フラクタル」というものについて取り扱っていきます!

MTF分析はなかなか理解に時間がかかる分野かもしれませんが、強力な武器にもなるのでしっかり学習していきましょう!

MTF分析(マルチタイムフレーム分析)とは?

まずはざっくりとMTF分析とはどういう物かについて話しておきましょう。

「上位足や下位足の状況を気にした方がいいよ!」

テクニカル分析を学習中の皆様は上記のようなことを聞いたことがあるかもしれません。

この上位足や下位足といった複数の時間足(マルチタイムフレーム)を勘案して分析するのがいわゆるMTF(マルチタイムフレーム)分析と呼ばれる分析方法です!

まずは具体的なMTF分析に入る前に知っておいてほしい「フラクタル構造」について見ていきましょう!

フラクタル構造とは?

皆さんはフラクタル構造って聞いたことありますか?

フラクタルとは、自己相似形をもった半端な次元の形であるとされ、ベノア・マンデルブロという人によって名付けられました。

フラクタルという言葉自体はマンデルブロさんの造語ですが、その語源はラテン語のフラクタス(Fractus)で、英語ではFraction、断片、半端、小部分といった意味を持っています。

フラクタル性を持つ構造は、一部の構造と全体の構造が似通っているという特徴を持っています。(自己相似性ないし再帰性と言います。)

例えば、空に浮かぶ雲、植物、雪の結晶、リアス式海岸、DNAの二重らせん構造といった自然界の物にもたくさんフラクタルな構造を持ったものがあります。

こんな風に一部を拡大しても似たような形が出てくるよってことですね。

フラクタルという概念が生まれるまでは、これらの偶発的に生まれた不定型で複雑な形は、出鱈目(でたらめ)な形(アクシデンタル・フォルム、オートマチック・パターンと呼ばれる)として深い意味付けを行われていませんでした。

しかし、フラクタルという概念が生まれたことにより、これらの予測不可能な現象に客観性を持たせることが出来るようになりました。

それまでも、美術や造形の世界では、様々なものに複雑で出鱈目な形というのを見ることが出来ましたが、アーティスト達は無意識のうちにこれらを表現していたわけです。

ちなみに、宇宙を表すといわれる曼荼羅(まんだら)や、陰と陽を示した太極図なんかにもこの自己相似性や自己回帰性が見られます。

相場のフラクタル性とは?

「フラクタルが凄いのは分かったけどトレードの話しないの?」

って思った方。

なんで今そんな話をしたかと言うと・・・

そうです!相場もフラクタル性を持っているからなんです!

以下のチャートをご覧ください。

なんだか似たようなチャートですね。

実はこれ、上から日足、4時間足、1時間足なんです!

つまりこういうことです。

どうですか?

時間足が違うのに、一部分を下位足に落として拡大すると似たような場面になってますよね。

つまり、相場も自己相似性を持っている

これが相場のフラクタル性です!

過去チャートを検証していると別々の時間足なのに似たような値動きを発見することも多いと思います。

つまり上位足で起こったことは下位足でも起こり得るしその逆もまた然りというわけです。

それによってテクニカル分析の再現性も生まれてくるんですね。

この相場のフラクタル性を知っておくことがMTF分析をする際にとっても重要になってきます!

と、今回はここまでにしておきます!

次回以降は実際にMTF分析についてもっと深堀りしていきますので、それまでご自身でもチャートの時間足ごとに似たような場面を探しまくって相場のフラクタル性を体感してみて下さいね!

ちなみにフラクタル構造を持つ図形として、コッホ曲線、シェルピンスキーのガスケット、カントール集合といったものがあるので調べてみても面白いかもしれませんね!

フラクタル構造について興味を持った方はこちらの書籍を読んでみると面白いですよ!→フラクタル造形

この本は造形的なフラクタルについての内容なので、最早トレードとは直接的な関係はないですが、一見違うような分野のことでも追及していけば本質的な部分での繋がりを感じたり、新たな発見があるかもしれませんよ!

こういう姿勢はトレードに限らず物事を探求する上でとても重要だと思います!

では!次回もお楽しみに!

☑あわせて読みたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です